油圧トルクレンチ・日本プララド

自動油圧ポンプ / 油圧ターボポンプ | 日本プララド


世界初の完全自動油圧ポンプ(油圧トルクレンチ用)。最大吐出量 13.2 L /分
に加えて、フルオート運転。プララド油圧ポンプ(最短4日間からレンタルも可能。)

  ホーム/油圧トルクレンチ・油圧工具 納入実績 日本プララド会社概要 お問い合わせ 日本プララド採用情報  

油圧ポンプ構造・原理IQ自動油圧ポンプ・日本プララド

油圧トルクレンチ・製品情報
油圧トルクレンチSC型
油圧トルクレンチVS型
油圧トルクレンチPET
電動エアトルクレンチ
パワーレンチ
インパクトソケット
トルク試験機
デジタル自動ポンプ
自動油圧ポンプ
中型油圧ポンプ
ボルトテンショナー
油圧ナット
超音波ボルト軸力計
超音波軸力測定
カタログ資料請求
油圧レンチのレンタル
油圧レンチ レンタル

世界初、自動油圧ポンプ自動油圧ポンプ・コントロールリモコン

世界最速の自動油圧ポンプ

名実ともに油圧トルクレンチ用の「完全な自動運転ポンプ」の開発と製品化は世界で初めてであり、
他社の追従を許さないマイクロプロセッサー内蔵の
ハイテクを駆使した自動型油圧ポンプ。

最先端の技術を搭載した世界最速の
プララド油圧ポンプの最高峰。
「 13.2 L/分の最大吐出量 」で完全フルオート。

油圧ポンプの構造・マイクロプロセッサー内蔵(人工知能)

油圧ポンプの構造の中に油圧センサーとマイクロプロ
セッサーが内蔵され、油圧ポンプにホースと
油圧レンチを接続して1ストロークだけ試運転をすることによって
○油圧レンチの機種
○油圧ホースの長さ
○油圧ホースの膨張量
を瞬時に判断し記憶します。
あとは、ポンプが全て自動運転します。

並行締め、油圧レンチを複数連結可能

油圧ツインカプラー標準装備で油圧トルクレンチを
2台連結して使用可能。並行締めアダプターを使用すると さらに複数台で同時締め付けが可能。
PDFカタログ
全油圧ポンプ一覧
各油圧ポンプの仕様
IQ自動油圧ポンプ:他社との比較
比較項目 プララド IQ自動油圧ポンプ 一般のセミオート油圧ポンプ
構造と仕組み 油圧センサーとマイクロプロセッサーが内蔵され、ポンプにホースとレンチを接続して
1ストローク試運転をするだけで
○油圧レンチの機種
○油圧ホースの長さ
○油圧ホースの膨張量
を瞬時に判断し記憶します。後は、ポンプが全てを考えてくれます。
タイマーで、レンチのシリンダーが、何回かストロークすると切れる方式。
タイマー、調節 ※曖昧なタイマーは存在せず、調整不要。 油圧ホースの長さやレンチ機種に合わせた、複雑なタイマーの調整が必要。
危険性と
問題点
締め付け完了まで自動運転を続け、
締結完了後に自動停止する。

油圧レンチ内のシリンダーの動きまで、微妙な圧力変化で察知して自動運転します。
締め付けが完了していなくても、自動停止するので錯覚して、締め不足から事故の危険がある。

また油温や油圧ホースの膨張率によって狂いやすい。
加熱 油圧レンチのシリンダー容積をポンプ自体が自動的に計算して記憶しており、ストロークエンドに達する直前に油圧レンチに戻り指令が出されるので、毎回に最大圧に達せず、加熱が起きない。 レンチ内のシリンダーピストンは、ストローク毎にストロークエンドで最大圧に達するので、急速なポンプの加熱は避けられない。(*圧力スイッチ方式のポンプの場合でも短時間で加熱するため長時間作業には難しい。)
総合 完全な自動運転のため、加熱の心配がなく、高い精度の締め付けができる。またタイミングロスが無いため、誰が使用しても最も速い駆動操作を実現。 基本的には、通常の油圧ポンプにタイマーを取り付けただけであって、技術的な新規性はなく、締め付け不足のリスクや加熱の問題が未解決。
世界初 IQ自動油圧ポンプ (電動型・自動タイプ)
機種名 電源 最高圧 最大吐出量
(低圧時/高圧時)
重量 クーラー タイプ
IQ200TB-9 200V、230V単相 80MPa 5.3 L /分 - 0.8 L/分
24kg 標準装備 自動型
IQ200TB-13 200V、230V単相 80MPa 8.0 L /分 - 1.2 L/分
29kg 標準装備 自動型
IQ400TB-13 400V三相 80MPa 13.2 L /分 - 3.0 L/分
34kg 標準装備 自動型
全機種ツインカプラ仕様。(並行締めに最適)
電圧200V、220V、230V単相、三相の仕様もあります。
重量はオイル込みの総重量。
NEW 世界初 デュアルIQ自動油圧ポンプ (電動型・自動タイプ)
機種名 2モード切替 最高圧 最大吐出量
(低圧時/高圧時)
重量 クーラー タイプ
Dual IQ200TB-13 油圧レンチ 80MPa 8.0 L /分 - 1.2 L/分
38kg 標準
装備
自動型
テンショナー 150MPa 8.0 L /分 - 0.4 L/分
デュアル自動油圧ポンプ仕様 (PDF資料)
デュアル自動油圧ポンプのカタログ (PDF資料)
世界初のデュアル自動油圧ポンプは、「油圧レンチ80MPa用」+「ボルトテンショナー150MPa用」の
両方で使用できます。もうそれぞれの油圧ポンプを2台持つ必要はありません!
電圧200V、220V、230V単相、三相の仕様もあります。
油圧ターボポンプ (電動型・通常タイプ)
機種名 電源 最高圧 最大吐出量
(低圧時/高圧時)
重量 クーラー タイプ
PE200TB-9 200V、230V単相 80MPa 5.3 L /分 - 0.8 L/分
24kg 標準装備 標準型
PE200TB-13 200V、230V単相 80MPa 8.0 L /分 - 1.2 L/分
29kg 標準装備 標準型
PE400TB-13 400V三相 80MPa 13.2 L /分 - 3.0 L/分
34kg 標準装備 標準型
*PEシリーズは通常リモコン操作版で自動タイプではありません。
全機種ツインカプラ仕様。(並行締めに最適)
電圧200V、220V、230V単相、三相の仕様もあります。
重量はオイル込みの総重量。
エア式油圧ターボポンプ (防爆エア型タイプ)
機種名 動力源 必要エア圧 最大吐出量
(低圧時/高圧時)
重量 タイプ
PA07TB-8 エア式 0.7MPa 7.0 L /分 - 1.6 L/分
29kg 標準型
IQA07TB-8 エア式 0.7MPa 7.0 L /分 - 1.6 L/分
32kg 自動型
* 【 必要エア圧:0.5-0.7MPa(5-7bar)以上、必要エア量:2400L/分以上 】が必要です。
* 電気を一切使用していないので防爆エリアなど化学プラントに最適です。
 またエア式なのでポンプが加熱せず長時間の連続使用にも活躍。
▲ページTOPへ
[メリット1]
ボルト締め作業において従来の油圧ポンプでは、油圧レンチピストンの前進と後退のタイミング操作が難しく、操作に熟練を要していた。IQ自動油圧ポンプでは、ポンプ自体が操作のタイミングを取って自動運転するので、誰でも簡単に使用できる。
[メリット2]
人によるタイミング操作ではないので、ボルトの締め付け速度が約2倍以上速くなり作業時間の
短縮となる。原子力発電所では、被曝量の低減になります。
[メリット3]
IQ自動油圧ポンプは完全自動なので、熟練度に関係なく、「誰が操作をしても」締め付けの
過不足が起きず、一層正確なトルク管理が出来る。
[メリット4]
特別仕様モデルのIQ自動油圧ポンプでは、デジタルコントロールユニットで
「トルク + 回転角度管理」の自動運転が行えます。
初期トルクまで自動で締め付けその後、設定した角度まで角度締めが出来ます。
トルク値・角度の設定をポンプ本体ではなく、リモコンまたはパソコンで行えます。
また記録はパソコンにデータとして残せます。
ボルト締め回転角度管理(PDF)


プララドIQ自動油圧ポンプのデモ

IQ自動油圧ポンプ
自動油圧ポンプのレンタル価格 自動油圧ポンプは最短4日間からレンタルも可能。即日発送致します。
他にも油圧トルクレンチ各製品。(全製品検定書付き)

油圧トルクレンチ・レンタルサイト

自動油圧ポンプのお問い合わせ・お見積り
1 デジタル自動油圧ポンプ IQ100CF-2
中型油圧ポンプPE100CF-5
他にエアー油圧ポンプもあります。
▲ページTOPへ

日本プララドの油圧機器はPL保険(製造物賠償責任保険)に加入しています。
Copyright © 2001-2018 PLARAD Co.,Ltd.All Rights Reserved.